安倍首相を「子供かっ!」と馬鹿にしたテレ朝・長野智子

安倍首相を「子供かっ!」と馬鹿にしたテレ朝・長野智子

1


星浩も安倍首相は「子供っぽい」と

 11日のテレ朝「報道ステSunday」は週刊ニュースランキングのなかで、サブキャスターの長野智子とコメンテーターの星浩(朝日新聞特別編集委員)が沖縄の翁長県知事の表敬訪問を拒絶したのは「子供っぽい」と安倍首相を批判した。

一国の首相を言うに事欠いて「子供っぽい」とケチをつけるのはいかにも子供っぽい。

1月9日の朝日新聞の記事と同じ見出しで、「仲井間氏じゃないから」安倍首相や閣僚は会わなかったと取り上げた。
「クオリティペーパー(笑)」にしては随分下品で嫌味な見出しである。

 まず、長野智子が「自分の意見と違う人とは会わないって子供か!」と安倍首相を批判し、それに応じて星浩が「ちょっと子供っぼい」と一国の首相を批判した。

 他の事ならともかく、国の安全保障に関わる重大な懸案事項で、一介の県知事が基地の移設に反対するなど決して許されるものではない。

1億3千万人の日本人の運命が沖縄の僅か36万人(翁長氏得票数)によって決められるなどということは全くナンセンスな話である。

従って、安倍首相や閣僚は翁長知事と面会して無駄な時間を費やす必要など更々無い。
それが大人の対応というものである。


報道スーションSUNDAY(2015/1/11)

沖縄知事を冷遇

翁長知事を冷遇「仲井真氏じゃないから」


後藤謙次(元共同通信編集局長)

「いずれ協議の場が出来て、事を順調に進めるというモメンタムが生まれるんじゃないでしょうか」

長野智子

「でも東京に来てるんですよねえ。会ったらいいじゃないですかねえ」

長野智子長野智子
          
「子供かっ!!」



長野智子

私はもう、自分の意見と違う人とは会わないって子供か!

って思いましたけど・・・」

星浩朝日星浩

星浩(朝日新聞特別編集委員)

「そういう感じがしましたよね。大人の会話がいずれ示されるんならいいんだけど、

どうも今回のところ見る限り、ちょっと子供っぼいなっていう感じ

がしますね



TBS「サンモニ」でも、予算編成で沖縄振興予算が削られそうだというニュースで・・・

田中秀征(福山大学客員教授)
県知事の声は県民の声だと私思うんですけども、その声をしっかり聞いて、それをアメリカ側にぶっつけていくと。そういう形だったら沖縄の人達も納得するだろうけども、逆のことをしてる印象ですよね。ですからこういう事は止めて欲しいですよね」


 
県知事の声が県民の声なら、安倍首相の声は国民の声である。

政府の政策に協力しない沖縄県に我々の血税をもうこれ以上無駄遣いすることはやめて欲しい。

[PR]
by kingboy4649 | 2015-01-14 23:42 | 反日マスゴミを斬る


<< ウルトラナイス(^^)安倍さ... 舛添都知事・ソウルとの姉妹都... >>