朝鮮人が産経前支局長の車に生卵を投げつける。

朝鮮人が産経前支局長の車に生卵を投げつける。



 【ソウル=吉田敏行】韓国の朴槿恵パククネ大統領の私生活に関するうわさを報じたコラムで
情報通信網法の名誉毀損きそん罪に問われた産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(48)
の公判が27日午前、ソウル中央地裁で始まった。




 電子版の記事掲載から約4か月。出国を禁止されている加藤氏は法廷で「誹謗ひぼうする意図
 はなかった」と起訴事実を全面的に否認し、争う姿勢を鮮明にした。

 公判は午前10時前に開廷。検察側が起訴状を朗読すると、加藤氏は、手元の書類を見ながら
 厳しい表情で聞いた後、検察官席をまっすぐに見つめた。

 傍聴席約30席の小さな法廷は立ち見を含めて約70人で埋まった。
右翼団体のメンバーとみられる韓国人男性が「韓国国民に謝れ」などと大声で叫び、
退廷させられる場面もあった。地裁周辺では、保守団体のメンバーが集まり、閉廷後、

加藤氏が乗った車に生卵を投げつけた。






ウンコでなくて良かった。


民度の証明


[PR]
by kingboy4649 | 2014-11-27 15:48 | くたばれバ韓国!


<< 韓国代表が『世界選手権の出場... 民主党・海江田代表「いつまでも... >>