潜水艦「けんりゅう」 世界最高峰の技術を結集、機密に満ちたその艦内は…  

潜水艦「けんりゅう」 世界最高峰の技術を結集、機密に満ちたその艦内は…  



その巨体は、まさに「鉄の鯨」に見えた。海上自衛隊の最新鋭潜水

艦「そうりゅう」型の4番艦「けんりゅう」だ。海自は10月30

日、広島県呉市の海自呉基地で、記者団に艦内を公開した。


 「カメラやカメラ付き携帯電話はここに置いてください」


 乗艦直前、海自関係者が記者団のカメラを回収していく。潜水艦

は「機密の宝庫」とも呼ばれ、関連する防衛秘密の数も公表されて

いない。

特に、そうりゅう型は原子力を使わない通常動力型では世界最大で

、日本の先端技術が結集されているため、厳戒態勢が敷かれている。


艦内に入るためには、上甲板から垂直に降りるはしご(ラッタル)

をたどらなければならない。革靴だったため、滑り落ちてしまいそ

うで怖い。

ようやく艦内に入ると、通路も部屋も狭く感じる。魚雷の横には、

ところせましとベッドが置かれていた。潜水艦はこんなものかと思

ったが、そうりゅう型は特別に狭いそうだ。

 
その原因はディーゼルエンジンに加え、スターリングエンジンを搭

載しているからだ。前世代のおやしお型の士官室は原則3人部屋だ

ったが、そうりゅう型では「10人が一緒に入るタコ部屋の士官室

もある」(けんりゅう関係者)という。

 

そこまでして搭載したスターリングエンジンこそが、そうりゅう型

の特色だ。吸気筒を水上に出して大気中から酸素を取り込む必要が

なく、第3国の哨戒機や水上艦艇から見つりにくい非大気依存推進

(AIP)機関なのだ。低速航行であれば、長時間潜っていられる

「水中持続力」が格段に向上した。爆発を伴わないため、静粛性に

も優れている。

 
「潜水艦の最大の強みは隠密性だ。いるかどうか分からないところ

から、いきなり魚雷攻撃を仕掛けられる。潜水艦1隻で空母を沈め

ることもできる」



 海自関係者はこう語る。

 
そうりゅう型の隠密性を確保しているのは、スターリングエンジン

だけではない。船体全面には、敵の音波探知機(ソナー)の音波を

吸収したり、反射したりするゴムタイルを装備している。潜望鏡を

水面から出す時間を短縮するため、一瞬でデジタル画像を録画し、

後にゆっくり再生・確認することも可能だ。

 
艦内のいたるところでは、スピーカーやパイプなどあらゆる機器の

振動を抑えるためにゴムが備え付けられていた。娯楽用のテレビも

ヘッドホンで見るなど、敵に音を聞き取られずに隠れることを徹底

している。

 

政府は従来の潜水艦16隻態勢から22隻態勢へと増強を進めてい

る。背景には、米軍の行動を阻む「接近阻止・領域拒否(A2/A

D)戦略」を追求する中国軍の動向がある。これに対する警戒・監

視活動で枢要な役割を果たすのがそうりゅう型潜水艦だ。



http://www.sankei.com/premium/news/141114/prm1411140002-n1.html





偶然にも僕の机の上には


『スターリングエンジン』


の模型があります(^^)


[PR]
by kingboy4649 | 2014-11-15 13:10 | サムシンググレート


<< 全日本テコンドー協会、また分裂... 民主党は「消費増税」をわびるべ... >>