米国の「自動車ブランド信頼性ランキング」、日本勢が1~4位独占―シンガポール報道

米国の「自動車ブランド信頼性ランキング」、日本勢が1~4位独占―シンガポール報道


米有力消費者情報誌「コンシューマー・リポート」が27日発表した2014年版の自動車ブランド信頼性ランキングで、日本ブランドが1~4位を独占した。
シンガポール・聯合早報網が28日伝えた。

共同通信の報道によると、ランキングの1位はトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」。この後に「トヨタ」、「マツダ」、「ホンダ」が続いた。

ランキングは読者の意見など、各ブランドの品質に対する評価を元にしたもので、日本勢は昨年もトップ3を独占。例年、上位に入っている。ただ今年は上位
10位に入ったのは6ブランドで、昨年よりも1ブランド減った。

米ゼネラルモーターズ(GM)の「ビュイック」は6位で、米国勢として唯一、上位10位に入った。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/399736/





トヨタとレクサスは信頼性、安く壊れずに長く使えるのが唯一の取り柄、

それがなければトヨタを選ぶ理由がなくなる。


マツダは壊れるし信頼性も取り立てて高くはないがとにかく面白い。

昔はとんがっていたホンダは見る影もない。

メルセデス、アウディ、アルファロメオ、ベントレーなんて

ランチア程じゃないにせよ壊れるし高く付くけど、いわゆるステイ

タスだから。

ロールスロイスは故障しないんだったっけ。力業伝説は通じないか。


[PR]
by kingboy4649 | 2014-10-29 20:16 | 日本の誇り!


<< 【CNN】カナダ人ジャーナリス... ハンビッ原発3号機の放射能流出... >>