「慰安婦像は日本人を侮辱している」…テキサス親父がグレンデール市議会で発言、韓国批判   

「慰安婦像は日本人を侮辱している」…テキサス親父がグレンデール市議会で発言、韓国批判   


米カリフォルニア州グレンデール市の市議会で21日(現地時間)

、「テキサス親父」の呼び名で知られるテキサス州在住の評論家、

トニー・マラーノ氏が発言する機会を与えられ、韓国系団体の強い

要請で設置された慰安婦像を批判した。マラーノ氏は慰安婦問題で

韓国側の主張を否定し、日本擁護の立場を取っている。


 
「慰安婦像は日本人の名誉を

毀損している。侮辱している」

マラーノ氏は慰安婦像設置に賛成した市議らを前に静かに話し始めた。

 事前に届け出れば、誰でも意見を述べることができるパブリック

コメント制度を利用し、意見を述べる機会を得た。この制度はグレ

ンデール市民以外でも参加できる。慰安婦像の設置を審議する際や

、在米日本人らが慰安婦像撤去訴訟を起こした際、韓国系がこぞっ

て日本バッシングを展開するために利用した制度だ。


 マラーノ氏がグレンデール市を訪れることは非公表だったため、

反日的な韓国系住民の姿はなかった。

 「あなたたちの目的は尊い」。市議らに向かって、マラーノ氏は

言った。「だが最近、韓国で新しい慰安婦のグループが、自分たち

の政府に1950年から1992年の間に強制的に慰安婦とさせら

れたと言っている。グレンデール市は、日本や、日本の人々に対し

一貫性があることを表明するチャンスだ」

 
朝鮮戦争以後、在韓米軍基地周辺で米兵を相手に売春をさせられた

と主張する100人以上の韓国人女性らが今年6月、韓国政府に賠

償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こしたことを引き合いに出し

、続けた。


 「今ある慰安婦像が、日本を侮辱する目的で設置したわけではな

いということを証明できる。この新しい慰安婦のグループのために

2つ目の像を考えたらどうだろうか」


 
グレンデール市の慰安婦像の横には、像の説明として「20万人の

女性が」「日本軍に強制的に慰安婦にされ」「セックス・スレイブ

(性奴隷)として」などと記されている。これは韓国側の主張だ。

グレンデール市がこれを“歴史”として認めるならば、在韓米軍の慰

安婦も同じように扱わないと不公平だ、
と言っているのだ。

 
マラーノ氏は「今ある慰安婦像のとなりに大理石の記念碑などを

設置することをすすめる」

 
不思議なものだ。在米日本人らが、慰安婦像について反対意見を述

べると「もっと歴史を学ばなければ」「なぜ、過ちを認めない」

などとヒステリックに反論していた市議らも、マラーノ氏には何

も言わなかった。米国世論に、日本の立場、日本の主張を説明する

ことがいかに重要かを示している。

 
慰安婦像設置に賛成した市議らは、マラーノ氏の話を聞き終わると

、「サンキュー」と述べた。設置に唯一、反対した市議は「あなた

の名前は」と改めて聞いた。

 
発言を終えたマラーノ氏は

「少し緊張したかな」とホッとした様子だった。

http://www.sankei.com/world/news/141022/wor1410220030-n1.html



ありがとう テキサスおやじ…

ほんとは日本人自ら主張すべきところを…


[PR]
by kingboy4649 | 2014-10-23 20:51 | サムシンググレート


<< 在日コリアンの”特別永住許可”... 韓国外相が米国で告げ口外交「日... >>