産経記者起訴で総すかんの韓国=「大局観なく、国家利益よりメンツを選んだ末路」―中国歴史学者

産経記者起訴で総すかんの韓国=「大局観なく、国家利益よりメンツを選んだ末路」―中国歴史学者  


2014年10月19日、セウォル号に関して、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑を伝えたことで、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が名誉毀損(きそん)の罪に問われ、在宅起訴された。
在宅起訴に関しては、「言論の自由に反する」との声もあり、波紋を広げている。

これについて、中国の歴史学者の朱世巍(ジュウ・シーウェイ)氏は、「韓国が産経の記者を起訴したことは、日本や韓国の野党の批判を招いただけでなく、北朝鮮からも、『外国記者の報道に
罪を問うような韓国が、北朝鮮に“自由”を語る資格はない』と揶揄されている。韓国は朴大統領のメンツを重視し、在宅起訴といった強硬策を打ち出したが、結果的には日韓関係における優勢
すら失ってしまった。これが国家の利益よりメンツを選んだ末路だ」と大局的に見れば韓国の対応が不適切だったと指摘した。

http://www.recordchina.co.jp/a95972.html




1000年先もバカなまま(大笑)

[PR]
by kingboy4649 | 2014-10-20 07:27 | くたばれバ韓国!


<< もがく韓国また「利下げ」 アジ... 日豪防衛相、潜水艦共同開発へ協... >>