日豪防衛相、潜水艦共同開発へ協議開始で合意

日豪防衛相、潜水艦共同開発へ協議開始で合意

江渡防衛相は16日、オーストラリアのジョンストン国防相と防衛省で会談し、日本が高い技術力を持つ潜水艦の共同開発に向け、両国で協議を
開始することで合意した。

中国の軍事力の近代化をにらみ、日豪に米国も加えた3か国の安全保障協力を深めていく方針も確認した。
会談後、江渡氏は記者団に、潜水艦の共同開発について「まずは話し合い、お互いにプラスになればいい」と語った。

共同開発が検討されているのは、海上自衛隊の最新鋭の潜水艦「そうりゅう型」。潜水艦の更新を検討している豪州側が、世界トップレベルの技術
を誇る日本側に技術移転を打診していた。

日本政府は4月に閣議決定した新たな防衛装備移転3原則に基づき、日豪共同開発の可否を判断する。正式に決まれば初の本格的な輸出例となるが、
豪州国内には慎重論もある。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141016-OYT1T50143.html




豪は何気にシナともよろしくやってるからな~・・・。
そこんとこ慎重に行ってね
(^^)

武器輸出は良いことだと思うが、きちんとスペック落として出してね(笑)



[PR]
by kingboy4649 | 2014-10-19 21:40 | サムシンググレート


<< 産経記者起訴で総すかんの韓国=... 富山湾、『世界で最も美しい湾ク... >>