視聴率3位に落ち込んだフジテレビ、視聴率奪還目指し大規模異動

視聴率3位に落ち込んだフジテレビ、視聴率奪還目指し大規模異動


最近不振を免れられずにいる日本のフジテレビが視聴率を高めるための劇薬処方として全社員の3分の2に対し大規模な人事異動を実施する賭けに出た。

日本のメディアによるとフジテレビの亀山千広社長は11日の定例記者会見で、「6月27日付で約1500人の全社員のうち3分の2に相当する1000人
ほどの職務を移動させた」と明らかにした。こうした大規模人事異動には組織改編により部署名が変わったケースも含まれ、これはフジテレビが開局した195
7年以降で最大規模という。プロデューサー出身の亀山社長は人事の目的について、「1にも2にも社内の活性化と視聴率奪還のため」とし強い決意を見せた。
亀山社長が最も重点を置いたのは「現場の機動力強化」だった。編成部員を減らす代わりに制作現場に経験が豊富な人材を充て番組の質を高めるという意図だと
日本のメディアは分析した。

フジテレビの視聴率はこの数年で急激に落ち込んでいる。日本テレビと2強体制を構築し2003年から8年間視聴率1位を記録していたが、2012年以降は
日本テレビとテレビ朝日の後塵を拝し3位以下のマイナーリーグに墜落した。

首位を守るため守りに重点を置いて新たな挑戦を怠たり、他局に話題を先取りされたためという評価が出ている。5月に発表された2013年度決算では在京キ
ー局5社で唯一営業利益が前年割れとなった。

昨年6月に就任した亀山社長は番組改編などを通じ跳躍を試みたが成績はまだ思わしくない。亀山社長は3月末の記者会見で、「視聴率3位が固定化しつつある
のはとても良くないこと」とし、5月の会見では「(4月改編の)新番組が苦戦している」と苦しさを吐露していた。
http://japanese.joins.com/article/667/187667.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|top_news



反日マスゴミは消えてください!

日本人は誇りを取り戻そうと

しています。

日本を陥れようとする報道媒体は

もういらない(^^)


[PR]
by kingboy4649 | 2014-07-14 17:22 | 反日マスゴミを斬る


<< 「農家の大規模化」賛成が73%... 米国が支持する日の集団的自衛権... >>