PC遠隔操作事件の片山被告、暴力団にスカウトされる

PC遠隔操作事件の片山被告、暴力団にスカウトされる


パソコン遠隔操作事件の片山祐輔被告(32)が暴力団関係者からスカウトされていた!! 
闇社会が欲しがっているのは、4人もの誤認逮捕者が出る事件を起こした片山被告のネットスキルだという。
片山被告は将来について「有名になり過ぎた。誰も雇ってくれないだろう」と不安な胸中を告白している。
暴力団関係者は、罪を償った後の片山被告の心に生じるに違いない“隙間”を計算し、その能力を利用しようと
暗躍しているのだという。

9日午後、東京地裁で第12回公判が開かれ、片山被告への被告人尋問が行われた。公判後、本紙が佐藤博史弁護士を
直撃すると「片山さんには現段階で暴力団から『友達になりたい』と手紙が来ている。格好のエジキですよ」と明かした。

片山被告はネットスキルを駆使して、遠隔操作ウイルスを作製。4人の誤認逮捕者を出し、犯行声明メールなど
余計なことをしなければ、完全犯罪として逃げ切れた可能性も捨てきれない。その能力は、より悪質な犯罪に転用できる。
だからこそ、暴力団が片山被告と“友達”になりたがっているというのだ。

また暴力団が“奇策”を使ってくる可能性もある。
「今、拘置所への手紙は写真付きでも送れるんですよ。だから『アンタ、女に弱いから、ハニートラップに要注意だ』
と言っておいた。女性から手紙が来たとは聞いてないけど、ニヤニヤして読んでいるかもしれない。僕に全部を話す
わけじゃない」と佐藤氏。犯罪組織が女性を使って、片山被告を勧誘する手法もあるという。
http://news.livedoor.com/article/detail/9034775/



あ・ほ・く・さ・・・。

[PR]
by kingboy4649 | 2014-07-13 06:48 | なんじゃこりゃ(^^)


<< 知人男性を生き埋めにして殺害、... 100年以上昔の美しい日本の風... >>