三菱重ミサイル部品、米の第三国輸出容認 カタールへ 政府、下旬決定

三菱重ミサイル部品、米の第三国輸出容認 カタールへ 政府、下旬決定


政府は今月下旬に国家安全保障会議(NSC)の閣僚会合を開き、迎撃ミサイルの基幹部品、高性能センサーの対米輸出を決定する方針だ。
4月に決めた防衛装備移転三原則(総合・経済面きょうのことば)のもと、日本が外国に武器を輸出する初のケースとなる。米国は日本から
調達した部品などでミサイルを組み立て、中東のカタールに輸出する見通しだが、政府は第三国輸出による紛争助長の恐れはないと判断した。
http://www.nikkei.com/article/DGKDASFS04017_V00C14A7MM8000/



武器輸出は何の問題もない
コスト削減で少ない防衛費の中から装備調達している自衛隊にとって有益な政策
中韓がそれを不満に思って反対交錯しているだけマスゴミや売国市民団体中華工作員が喚く政策は日本の国益にかなう正道。


[PR]
by kingboy4649 | 2014-07-08 11:00 | サムシンググレート


<< 経産相、イスラエル初訪問 サイ... 糞尿車集車両で運び摘発された韓... >>