「サムスン電子の成長'警告灯'」サムスン電子'スマートフォンの逆説'

「サムスン電子の成長'警告灯'」サムスン電子'スマートフォンの逆説'


8日、暫定業績の発表後に控えて2四半期アーニングショック警告灯
一時、6兆超えていた通信営業益4兆∼5兆ラインに下落見通し
代表株サムスン電子が揺れたため、半期の株取引代金8年ぶりに最低


20140706-19.jpg


韓国証券市場の'代表株'サムスン電子に実績の懸念警告灯がついた。

主力事業であるスマートフォン市場の成長減速で2/4四半期の営業利益が7兆ウォン台に落ちる'アーニングショック(落ち込み衝撃)'懸念が出ている。米国ダウ指数は1万7000を超えており、史上最大値を突破したが、サムスン電子などの業績悪化と、コスピボックス圏が長引きかねないという見方も出た。コスピ指数は2007年7月初めて2000ポイントの大台を突破した後7年間、ボックス圏を漂流している。
6日、金融投資業界によると、サムスン電子は2013年3/4四半期に史上初めて営業利益10兆ウォンを突破した後、下落傾向を記録、今年2/4四半期8兆ウォンが割れるアーニングショックに陥る可能性が高い。
一部のアナリストとファンドマネージャーは8四半期(2年)ぶりに営業利益が7兆ウォン台に降り立つだろうという予測を発表した。韓国投資証券は7兆9140億ウォン、サムスン証券7兆9290億ウォンと予想した。サムスン電子は8日2/4四半期の暫定業績発表を控えている。
サムスン電子の実績悪化の主な要因は、スマートフォン市場成長停滞が優先的に挙げられる。サムスン電子の営業利益の60~70%を占めていた通信事業(IM)部門の利益が今年2/4四半期大きく減少しての展望値が持続的に低くなった。
証券会社のアナリストたちはサムスン電子通信事業営業利益が6兆ウォン台で2.4四半期4兆ウォン後半~5兆ウォン前半を記録すると推定している。
グローバル競争会社であるグーグルが買収合併(M&A)、新事業拡大等によって攻撃的な姿勢を示しているが、サムスン電子はまだはっきりした突破口を出さずにいるというのも、市場の懸念を増大させている要因である。李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長の健康悪化と支配構造の改善、相続などが重なり、サムスン電子が困難な時期を迎えているのだ。
ある資産運用企業関係者は「グーグルはネストラボラトリーズを買収し、スマート・ホーム事業を推進して、アンドロイドを掲げ、ウェアラブルコンピュータ、無人車など新事業を攻撃的に進めている"ながら"もサムスン電子はオペレーティングシステム(OS)が、まだ低迷して、目立った新事業が見えなず(今より)来年がもっと難しいかもしれない」と述べた。
一方、代表株のサムスン電子も実績懸念が広がり、投資家たちが証券市場を離れている。半期の株取引代金は666兆8102億ウォンで8年ぶりに最低値を記録した。


NAVER
http://goo.gl/ltTIKA


サムスン電子が倒れると

サムスングループが崩壊する

そして韓国終了!

めでたしめでたし!

(^^)


[PR]
by kingboy4649 | 2014-07-07 20:00 | 反日撃滅!


<< 日本の古代のお勉強です(^^) 【韓国の反応】ニクソン元大統領... >>