海自、2018年に米国からワスプ級強襲揚陸艦を導入へ

海自、2018年に米国からワスプ級強襲揚陸艦を導入へ

日本は大型の強襲揚陸艦を「尖閣諸島防衛」のために導入する計画があると発表しました。
日本のニュースメディアは2月1日、「海上自衛隊は尖閣諸島の防衛力を強化するために、大型の強襲揚陸艦を導入することを決めた。」と報じました。

一方、日本の防衛省は防衛力の強化だけでなく、南シナ海での災害や巨大地震などに対する救援のためだと言います。
計画では2018年に米国から強襲揚陸艦を導入する予定であるとの事です。

日本は昨年12月に定めた中期防衛構想において、離島防衛の強化のために多機能船の導入を決定しています。

日本が導入する強襲揚陸艦はアメリカのワスプ級「エセックス」揚陸艦に準ずるものであるとされています。
エセックスはAV-8BハリアーやCH-53Eシースタリオン、UH-1Nヒューイなど様々な航空機を搭載することが可能で、2200人以上の乗員を収容可能な艦船です。
http://mil.news.sina.com.cn/2014-02-01/1550762647.html

強襲揚陸艦、海自に導入へ=離島防衛・災害対応を強化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000012-jij-pol
 
良いね
時間も短縮できるし米揚陸艦の構造も解る
何より日米の軍事協力での強力さがアピールできるよ

時間をかけて自前で建造するよりタイミング的には良策
 
輸送艦   おおすみ  9000t
ヘリ護衛艦 ひゅうが 14000t
ヘリ護衛艦 いずも  19500t
強襲揚陸艦 ワスプ型 28000t ←今ここ

[PR]
by kingboy4649 | 2014-02-04 13:42 | 安倍総理全力支持(^^)


<< 韓国が国家破産の危機に陥ってい... 日本の戦闘機、初のレーザー誘導... >>