2014年 12月 07日 ( 2 )

三原じゅん子氏「もうだまされてはダメ」

三原じゅん子氏「もうだまされてはダメ」

 


野田前首相の地盤で猛演説



自民党の三原じゅん子女性局長が、民主党の野田佳彦前首相のおひざ元に殴り込んだ。野田氏といえば、「史上最低、史上最悪の宰相」と
呼ばれた鳩山由紀夫、菅直人両元首相に比べるとマシだが、消費税増税法を成立させた責任者であり、沖縄県・尖閣諸島の国有化を突然強
行して日中関係を悪化させた人物でもある。寒空の下、じゅん子節が炸裂した。

 「みなさん、2年前を思い出してください。民主党政権は本当にひどいものでした。日本が壊される恐怖すら感じました。もうだまされ
てはダメです。日本を取り戻し、アベノミクスを推し進めていかなければならないのです」

 三原氏は3日夕、千葉県船橋市のJR船橋駅前で、家路に急ぐ人々にこう呼びかけた。ここ千葉4区では、野田氏が強固な地盤を誇って
いるが、元女優で保守陣営を代表する女性政治家の登場に、多くの人々が足を止めた。

 今回の選挙戦、アベノミクスの是非が問われる。三原氏も経済に触れた。

 「民主党政権時と比べて株価は約2倍になりました。『株を持っていない人には恩恵がない』と批判する人もいますが、年金の財源の一
部は株の運用でまかなっているのです。それで25兆円も増えたんですよ」

 「有効求人倍率も上がりました。民主党政権時には100人がハローワークに行けば、仕事が80しかなかった。でもいまは、110も
仕事があるんです。これは都会だけではない、47都道府県すべてが好転しているんです」

 経済の話だけではない。三原氏はふがいない野党についても語った。

 「選挙目当てで、政策を無視して集まることを『野合』と言います。今回もありましたよね(苦笑)。きっと、選挙後にバラバラになる
はずです。みなさん、こんな政党にこの国を任せられますか? 民主党は安倍政権を批判ばかりしていますが、政権を奪還できるだけの候
補者を立てなかったではありませんか」

 マイクを持たない右手を握りしめて訴える三原氏。最後に地盤を守る野田氏にも切り込んだ。

 「野田さんは(前首相なのに)比例区にも重複立候補しています。『どうせ復活当選するだろう』なんて悠長に考えずに、それを許さな
いほど徹底的に負かしてやりましょう」 
http://news.infoseek.co.jp/article/06fujizak20141206021





がんばれ同い年(^^)

[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-07 08:45 | 安倍総理全力支持(^^)

【教育】朝日新聞が無料配布した沖縄戦の副教材、小学校が「不適切」と回収 保護者「殺人や性的暴行など悲惨な話ばかりで子供が疑問を持った」

【教育】朝日新聞が無料配布した沖縄戦の副教材、

小学校が「不適切」と回収 

保護者「殺人や性的暴行など悲惨な話ばかりで子供が疑問を持った」



朝日新聞が、一方的な歴史観に基づき作成したとされる教材「知る沖縄戦」を希望する
中学や
高校などに無料配布していた問題で、大阪府松原市の市立小学校が10月、授業で
活用した後に記述内容を
「不適切」と判断、回収していたことが6日、分かった。

この教材の回収が判明したのは初めて。

市教委は強姦(ごうかん)の記述を問題視し、「児童の発達段階を超えた部分があった」
としており、
子供たちにとって適切な内容かどうか改めて議論を呼びそうだ。

教材は新聞スタイルの学習資料で、昭和20年の沖縄戦について、県内の戦争体験者らへの
インタビューを交えて解説。日本軍が沖縄住民を虐待する場面が繰り返し登場する。

朝日新聞は主に中学生以上を対象としてホームページ上などで8月末まで申し込みを募り、
全国の学校などに計約38万部を無料で配布した。

松原市教委などによると、今回の小学校は6月、ファクスで6年の2学級分、
80部を注文して取り寄せ、10月下旬に45分間の総合学習の授業で活用。

約2週間後に控えた広島への修学旅行に向けた平和学習の一環だった。

1学級の授業では、担任教諭が戦争体験者の証言や沖縄戦をQ&A形式で解説した
ページを読み上げた。

教諭が教材を補足で説明したり、児童が質問や意見を述べたりすることはなかったが、
授業後に児童の一人が「日本の兵隊が沖縄の人を多く殺したとか、日本の悪いこと
ばかりが書かれるのは
なぜなのか」と保護者に相談。

保護者は「殺人や性的暴行など悲惨な話ばかりで子供が疑問を持った。

一方的な歴史観に基づく教材で、授業で使うのはおかしい」と学校側に抗議したという。


市教委は教材の中で「アメリカの捕虜になると男は股裂きに、女は強姦されると信じていたため、
誰も応じなかった」との記述を問題視。学校側の判断で教材を児童から回収し、
校長や担任教諭らが
保護者に「授業での活用は不適切だった」と謝罪した。

市教委は産経新聞の取材に「強姦の文言は小学6年生が正しく理解できる言葉ではない。
多感な児童向けのものとしては発達段階を超えたものだった」としている。

教材をめぐっては10月、衆院文部科学委員会で義家弘介前議員(自民党)が
「一面的な思想に基づく内容で(教育現場で使うには)非常に問題がある」と指摘。
田沼隆志前議員(次世代の党)も適切な副教材を選択、使用するよう文科省に求めたのに対し、
下村博文文科相が「一面的な記述ならば副教材として不適切だ」との見解を示した。

歴史問題に詳しい拓殖大の藤岡信勝客員教授(教育学)は「新聞を活用した教材を
無料配布すること自体はあっていい」としながらも、「教科書などは国の検定を経て
教育現場に届けられるが、今回の教材はそうではない。厳しい指摘の目をかいくぐる形で、
偏向した教材を学校で活用させることは決して許されない」と指摘する。

その上で「沖縄戦では日本軍の兵士が住民を守るために命を投げ出して戦うなど、
積極的に評価できる
エピソードもあるのに、偏った見方に基づいた記述で悲惨な歴史だけを
小学生に教えるのは間違っている。
回収は当然の措置であり、教育行政が正常に機能した
証しだ」と学校側の対応を評価した。


「小学校側の希望に基づき送付」
朝日新聞社広報部の話「『知る沖縄戦』は子供たちが戦争について知るきっかけになれば、
と考えて作りました。紙面作りにあたっては、子供たちがより身近に感じられる10代の学徒や
住民、
母親の戦場体験を軸に据え、子供たちと接した経験の長い戦争体験の語り部の方々に
ご協力をいただき、
教科書なども参考にしました。

ご指摘のような内容とは考えておりません。

(小学校へ配布した理由については)朝日新聞紙面などでお知らせし、
学校や先生のご希望に基づいて送らせていただいています」

wst1412060032-p1

http://www.sankei.com/west/news/141206/wst1412060032-n1.html




教育現場から朝日関係は

すべて閉め出せ




ここまでくると
宗教団体だな
朝日新聞は



[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-07 06:45 | 頭の悪い『左巻き』馬鹿だね~(^^;