米国ファンドローンスター、韓国政府相手に5兆ウォン規模の訴訟

米国ファンドローンスター、韓国政府相手に5兆ウォン規模の訴訟



韓国政府と米国系私募ファンド「ローンスター」の間の5兆ウォン(約5500億円)規模の訴訟が15日(日本時間)、米国ワシントンD.C.で開かれる。

今回の訴訟戦の最大の争点はローンスターの外換銀行売却承認遅延問題だ。ローンスターは2003年10月、外換銀行を1兆3834億ウォンで買収した後、2006年から売却しようと
国民銀行、香港上海銀行(HSBC)と売却交渉を行ったが、成果を上げられないまま2012年に至り3兆9157億ウォンでハナ金融持株に売却して途方もない差益を手に入れた。


ローンスターはしかし、2007年9月にHSBCに外換銀行持分

51%を5兆9376億ウォンで売却することで契約したが、韓国

政府が売却の承認を遅延させたせいでより大きな売却差益を上げる

ことができなかったとし、韓国政府が損害賠償責任を負わなければ

なければならないと主張している。


http://japanese.joins.com/article/439/200439.html?servcode=A00§code=A20&cloc=jp|main|top_new
s





ユダヤVS朝鮮人


勝敗は誰が見ても明らか【大笑】

[PR]
by kingboy4649 | 2015-05-15 16:49 | 反日撃滅!


<< 海上自衛隊とフィリピン、ベトナ... 安保法案閣議決定・安倍首相会見... >>