日本の韓国食品離れが止まらない 辛ラーメン半減、マッコリ8割減 …対日輸出激減


日本の韓国食品離れが止まらない 辛ラーメン半減、マッコリ8割減 …対日輸出激減



加工食品や酒などの対日輸出をめぐり、韓国の食品業界が大幅な減少に青ざめている。
日本で韓流ブームがピークだった2011年ごろに比べ、半減から8割減となる商品もあり、現地の業界は新たな売り込み先探しに躍起だ。
日本の「嫌韓感情」を輸出減の理由とする報道も少なくない。

韓国の食品大手、農心の看板ブランド「辛ラーメン」といえば、かつてはユニクロがTシャツのデザインにも採用した
韓国を代表するインスタントラーメンだった。
日本でも韓流ブーム華やかな2011年ごろには、スーパーやコンビニでも売り場を占めた。だが、最近では量販店でも見かけるのはまばらだ。
韓国関税庁が4月20日に発表した最近5年間の麺類の輸出入動向によると、日本は12年まで韓国製インスタントラーメンの最大の
「輸入国」だった。 ピークの11年には、約1万1400トン、金額にして5278万ドル(現行レートで約63億円)が日本に輸出された。
だが、その後は毎年減少傾向が続き、14年の輸出は2447万ドル(同約29億円)とほぼ半減した。輸出に占める日本のシェアは
11.7%にまで減少し、中国(16.6%)、米国(12.5%)を下回っている。
関税庁は報告書で「ラーメンは伝統的に同胞の需要が多い。米国はこれまで同胞の需要が多かったが、最近は地元の人の需要も増加している。
中国、日本などは同胞ではなく、地元の消費が多い」と分析した。
 だが、今年1~3月の対日輸出額も約7億円と、前年に満たない水準だ。わずか3年間で対日輸出は半減した状態となっており、韓国・聯合ニュースは「『嫌韓』感情飛び火…日本へのラーメン輸出、3年間で半分」と報じたほどだ。

マッコリは8割減
減少したのはインスタントラーメンだけではない。韓流ブームの象徴として、政府を挙げて輸出拡大を図った韓国の濁り酒、
マッコリはピークの11年に4841万ドル(約58億円)だった日本向けの輸出額が、14年には914万ドル(約11億円)に減少した。
実に81%減と大幅な需要減に見舞われている。
 当時、輸出マッコリに占める日本向けの割合は9割超だった。需要減を補おうと、中国や米国、東南アジアなど輸出先の拡大を図っている。
だが、マッコリ輸出先2位の中国でも、14年の輸出額は約199万ドル(約2億円)にとどまり、対日輸出の減少を補える状況ではない。
 かつては国内酒類大手が、相次いで韓国企業と組み、日本市場でマッコリ販売に乗り出した。当時は芸能人やタレントを起用し、大々的なPRを行ったが、「今は細々とやっている感じだ」(酒類大手)という。
 同様に韓国焼酎の対日輸出額も14年は前年比約14%減、米を詰めた丸鶏を煮込んだ伝統食「参鶏湯(サムゲタン)」も同約3割減となるなど、飲食分野における日本の“韓国離れ”は急速に進みつつある。
http://www.sankei.com/premium/news/150512/prm1505120001-n1.html





まずいし、不衛生だし、質が悪いから買わないだけ。

質の悪いものをゴリ押しするから余計に嫌われる。


今までが異常だったんだよ。

あんな国、欲しいモノなんて何一つないわい。


本当にないからなあ。

[PR]
by kingboy4649 | 2015-05-12 21:30 | 爆笑!爆笑!超爆笑!


<< ロシアまで・・日本が周辺国との... 百田尚樹、脱自虐史観の大東亜戦... >>