民主にまた“ブーメラン”か 安倍首相の米演説を批判したが…

民主にまた“ブーメラン”か 安倍首相の米演説を批判したが…



 安倍晋三首相が米議会での演説で、集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法案の今年夏までの成立を約束したことに対し、民主党が「国会無視だ」と猛反発している。ただ、首相が海外で目標や決意を語ることは民主党政権時代にも珍しくなかった。安倍首相への批判は、またぞろ
「ブーメラン」となって民主党を直撃しかねない。

 「法案は閣議決定もされていない。国会会期延長も決まっておらず、越権行為だ」

 民主党の長妻昭代表代行は3日放送のNHK番組で、安倍首相の演説をこう批判した。

 共演した自民党の高村正彦副総裁は「(首相の)強い決意を示したのであり、何の問題もない」と説明したが、長妻氏は「国会審議が形骸化する」と譲らなかった。

 同様の批判は、他の同党幹部からも噴出した。

 岡田克也代表は先月30日に発表した談話で「法案提出すらされていない段階で、重要法案の成立時期を外国の議会で約束するなど前代未聞だ」
と不快感を表明。枝野幸男幹事長も「国家代表としてあるまじき発言だ。国会を(政府方針を追認する)翼賛機関だと思っている」と語っている。

 しかし、国会審議に先んじて首相が海外で決意を表明するのは、「前代未聞」ではない。

 民主党政権時代の2011年11月、当時の野田佳彦首相は20カ国・地域(G20)首脳会議で、10年代半ばまでに消費税率を段階的に10%に引き上げると表明した。野田氏は直後の衆院本会議で「国内で方針として示したことを国際社会で説明した」「できなかったら責任を取るという話はしていない」といい、「国際公約」ではなく問題はないとの認識を示した。

 鳩山由紀夫首相(当時)も09年9月の国連気候変動首脳会合で、温室効果ガスを20年までに1990年比で25%削減すると表明している。

 政治評論家の浅川博忠氏は「安倍首相の演説の内容は決してルール違反ではなく、許される範囲だ。民主党は、終盤国会で政府に徹底抗戦するという意気込みをアピールしたいのだろうが、的外れな批判に終始している。政策論争で存在感を示すべきではないか」と話している。

http://news.livedoor.com/article/detail/10099228/




もういい!

アホは消えろ!




[PR]
by kingboy4649 | 2015-05-12 11:23 | 亡くなれ民主党!


<< 【 韓国崩壊】朴槿惠の反日工作... 東京五輪のスポンサー収入が史上... >>