ネパール大地震の被災女性、韓国人身売買の犠牲に―英紙

ネパール大地震の被災女性、韓国人身売買の犠牲に―英紙



2015年5月5日、英紙ガーディアンは、ネパールで起きた大地震で被災した若い女性たちが人身売買のターゲットになっていると報じた。

同紙によると、7000人以上の死者が出ているほか、貧しい農村地帯に住んでいた数十万人が家も持ち物も失っている。それらの地域に住む若い女性や少女らは、これまでも人身売買のターゲットとなっており、韓国などで売春婦として働かされてきた。


国連や地元NGOによると、ネパールで人身売買の犠牲となっているのは毎年

1万2000人から1万5000人に
上るとみられており、韓国や遠くは

南アフリカまで連れて行かれ、売春婦として働かされているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00000017-rcdc-cn




日本の中にあった「サラ金」【朝鮮サラ金】も同じことが言える

女性に対して高い利息で数十万円を貸し付け、雪だるま式で借金を

膨らませて返せなくなると風俗へ沈める。

こんなことばかりを朝鮮人はやって来ていた


しかし第一次安倍内閣と麻生内閣で「金融法改正」し、

朝鮮サラ金はほとんどが韓国へと帰って行った


これが実情なのです。



被災地や意気消沈している地域を狙い、お金や食べ物にありつける

という触れ込みで立場の弱い女性をさらってゆく・・・。



まさに朝鮮人的な手法だ【激怒】


[PR]
by kingboy4649 | 2015-05-07 07:45 | くたばれバ韓国!


<< 【在日ニダさん帰国説明会編】 ... ネパール 日本の医療チームが態... >>