【改定入管法】特別永住者証明書に通称名記載なし 本名でしか印鑑証明が取れない

【改定入管法】特別永住者証明書に通称名記載なし 

本名でしか印鑑証明が取れない



〈改定入管法・入管特例法と在日同胞 (中)〉

特別永住者証明書に通称名記載なし

BlogPaint

http://chosonsinbo.com/jp/2015/05/sk51-3/


朝鮮新報が記事出してら、会員記事だけど
なんか一部では通名禁止になるわけじゃないニダ、とか吹聴してるのいるんだよねえ
まあそういうのは主に維新信者なんだけど




全銀協のレポートの慌てっぷりを見ると、余命さん、いい線いってるのかもwと思ってしまう。

全銀協CSRレポート 2013年7月23日
http://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/news/news250723.pdf


外国人差別問題の現状と課題

①特別永住者
特別永住者は、外国人登録法が廃止されたことにより、今まで常時携帯義務があった
外国人登録証明書を持ち歩く必要はなくなった。しかし、特別永住者証明書(カード)は
所持する必要がある。つまり、外国人登録証の常時携帯義務はなくなったが、警察官や
官憲に特別永住者である証拠を出せと言われたら、特別永住者証明書を提示する義務がある。

また、特別永住者証明書には、外国人登録証明書とは異なり通称名の

記載欄がないため,同一人物であるという証明ができなくなった。今

までは通称名でも印鑑証明を取れたが、通称名の確認ができないの

で、本名でしか印鑑証明が取れない。



③非正規滞在者
在留カードをもらえないまま、3ヵ月以上滞在している人は、自分で自分を証明することが
できない。そうすると、健康保険、国民年金、福祉制度など、自治体の行政サービスから
排除されることになる。また、在留資格を失えば、退去強制が出る。

その他、例えば非正規滞在者の子どもの教育、銀行の口座開設、不動産取引など、
在留カードがないことによる問題が生じてくる。入管法の改正以前、以後を含めて、
日本の社会が全体として外国の人々を受け入れる、地域社会に受け入れるという
姿勢が十分でないために、こういう歪みが起こっているのではないか。



http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1430531629/






通名こそが日本人に対しての


差別行為である


即刻廃止(^^)


[PR]
by kingboy4649 | 2015-05-03 18:10 | 反日撃滅!


<< 北朝鮮の山火事1か月続き、日本... P-1哨戒機に射程100キロ以... >>