ベトナム元憲兵「慰安所で10代少女が韓国軍の相手していた」 韓国政府が沈黙 数十人の女性が待機する「大韓公園」なる公園も

ベトナム元憲兵「慰安所で10代少女が韓国軍の相手していた」


韓国政府が沈黙数十人の女性が待機する「大韓公園」なる公園も



 ベトナム戦争中、韓国軍が多くの婦女子を強姦・凌辱したが、
さらにこのほど発見された米公文書により、ベトナムに「韓国軍慰安所」が存在していた。

 書簡が作成されたと推定される1969年当時、サイゴンには韓国軍ベトナム司令部が置かれ、海軍輸送戦隊の「白鴎部隊」 や空軍支援団の「銀馬部隊」をはじめとする多数の韓国兵が駐留していた。その数は、8年間で延べ2万人に上る。

またサイゴンは前線で戦う兵士の休息地でもあったため、夜の歓楽街は連日、軍服姿で闊歩する韓国兵で賑わっていたという。

 旧サイゴン市内のトルコ式浴場は食堂に姿を変え現存していた。
「この地域に軍服姿の韓国兵が増え始めたのは1968年ごろからで、ほぼ同時期に浴場がオープンしました。
建物はベトナム人女性が所有していましたが、彼女と親交のある韓国軍幹部と思しき人物が譲り受け、浴場を開業したのです。」

浴場が営業していたのは1968年から1973年の半ばまで。これは1973年3月に撤退した韓国軍のサイゴン駐留期間とほぼ重なっている。
韓国軍幹部が経営に関与していたのであれば、浴場は米書簡の指摘どおり「韓国軍による慰安所」だったと言って差し支えないだろう。

「韓国兵は夜になると米軍のMP(憲兵)らとジープでこの辺りを徘徊し、酒を飲み大騒ぎしていました。

その勢いで浴場に遊びに行くのです。店で働いていた女性は全部で7、8人。いずれもベトナムの貧しい農村からやって来た10代の少女でした。

彼女たちは、毎日のように大勢の韓国兵の相手をさせられていた。

乱暴な扱いを受けることもあるらしく、

韓国兵のことをとても嫌っていま

した」



 もともと韓国兵の慰安所として作られた浴場は、やがて米兵にも開放されるようになった。米兵が利用する際の料金は38ドルだが、
「韓国兵は1回3~4ドルで利用できた」とビンさんは証言する。当時の韓国軍2等兵の平均月給は約50ドル。
米軍2等兵の月給が約240ドルだったことを考慮しても、韓国兵が優遇されていたことは明白だ。

「浴場から約1km離れた場所には、米軍MPの施設がありました。その鼻先には売春斡旋を目的とするバーが建ち並び、韓国兵や米兵が入り浸っていた。

 付近の『ブイ・ヴィエン通り』と呼ばれる歓楽街は売春婦のたまり場で、バーから連れ出したベトナム人女性を連れ込むための
モーテルもたくさんありました。女性を巡って兵士たちが殴り合う光景を目にしたこともある。
遊びに行く前に麻薬を使う者も多く、トラブルは絶えませんでした」

 韓国兵が女性を求めて繰り出す先は、慰安所だけに止まらなかった。
「5区にあるホアビン公園は別名『ダイハン(大韓)公園』と呼ばれていました。ここで商売をする女性を漁るため、
毎日のように韓国兵が押し寄せたからです。女性はいつも20~30人ほどいて、韓国兵の間では『ホアビンの女は質が高い』と評判でした。

 ただし、女性から聞かされるのは韓国兵の悪評ばかり。女性が服を脱ぐ間もなく乱暴に押し倒したり
ことを終えた後に『お前は下手だ』と罵り、金を払わない韓国兵がいたからだそうです」
http://news.livedoor.com/article/detail/10074375/




いよいよ始まりますよ、


ベトナムの反撃


日本は陰から応援します。


嘘吐き姦国の屋台骨が崩れるまで


謝罪と賠償を求めて下さい。


[PR]
by kingboy4649 | 2015-05-03 14:00 | 超むかつく!


<< 【米国】暴徒が韓国人商店略奪。... 済州漁船、相次ぐ拿捕に「罰金... >>