安倍演説への”韓国の異常な反応”が『国際的な嘲笑の的』になった模様。露骨に”嫉妬”だと指摘されている

安倍演説への”韓国の異常な反応”が『国際的な嘲笑の的』になった模様。露骨に”嫉妬”だと指摘されている



米国が異例の厚遇で安倍晋三首相を迎えたことに対し、韓国のネットユーザーが妬みをあらわにしている。

30日付で台湾紙・自由時報が伝えた。



オバマ大統領は2009年の就任以来、インド、メキシコ、中国、ドイツ、韓国、フランス、日本の国家元首や首脳を招待しており、中国の胡錦濤・前国家主席や韓国の李明博・前大統領もホワイトハウスの上客としてもてなされている。習近平主席も今年、米国を公式訪問する予定だが、朴槿惠大統領は招待されておらず、韓国は焦りを募らせている。

韓国のネットユーザーは、安倍首相が米上下院合同会議で演説することについて、「金を積んで権利を得た」と妬みをあらわにし、「習主席も恐らく金を積んでいる」、「朴大統領は金を積んでいないため、上下院での演説は不可能だろう」との声も上がっている。

朴大統領は就任後、中国との関係を重視し、日本には歴史カードや慰安婦カードを出しまくってきたが、セウォル号事故以降、政府に対する国民の不満は高まり、視線を日本に向けさせることができなくなった。中国もアジアインフラ投資銀行(AIIB)創設のため、日本との関係を修復し、朴大統領の南米歴訪中にアジア・アフリカ会議で日中首脳会談が行われ、和解ムードを醸し出した。こうしたことが、韓国を焦らせている原因だと記事は指摘している。


http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/416650/



イメージ 1



日米関係みたいに世界的規模の話に韓国とか(笑)



どこの国だよ?と言われてそうだ

[PR]
by kingboy4649 | 2015-04-30 22:55 | 反日撃滅!


<< お笑い韓国海軍の欠陥潜水艦の実... メード・イン・PRC、「中国製... >>