中国の寿司屋の7割が不合格、浙江省杭州市で緊急調査

中国の寿司屋の7割が不合格、浙江省杭州市で緊急調査



中国浙江省紹興市の日本料理店で、寿司などの食材がずさんに管理されている実態が明らかになったことを受け、
同省杭州市で富陽区内の寿司店を緊急調査した結果、10店舗中7店舗が不合格だった。

富陽区の市場監管局が市内にある寿司店10店舗を緊急に調査した結果、
うち5店舗に無許可営業の疑いが発覚し、2店舗でサーモンなどの刺身を無許可で客に提供していた。
営業許可証を有していた5店舗のうち2店舗でも、フルーツや刺身などの加工を別の食材と同じ作業場で行っていた。

調理担当者が専用の作業着や帽子、マスクを着用せず、手洗いや消毒が徹

底されていない
店舗も見受けられたという。


同局は「寿司の良し悪しは目で見ただけでは判断できない。店の許可証を確認してほしい。
飲食サービス許可証に『寿司』や『生食の海産物』などの文言が含まれているかどうか」としたほか、
「寿司を食べて胃腸に異常を感じるなどの症状が出た場合は、速やかに食べるのを止めて近くの病院で診察を受けてほしい」
と呼び掛けた。

http://newschina.jchere.com/newsdetail-id-6011557.htm#.VQ-Va46sUZM





中国の場合、許可証なんて


まったくアテにならないんじゃw


[PR]
by kingboy4649 | 2015-03-23 21:56 | くたばれ糞シナ!


<< 韓国経済崖っぷちの危機感、5兆... 韓国人男性 怒りを抑えられない障害 >>