宇宙で発電、地上に送電…狙ったところにピンポイント 三菱重工が長距離無線送電に成功

宇宙で発電、地上に送電…狙ったところにピンポイント 三菱重工が長距離無線送電に成功



 三菱重工業は12日、電気を無線で飛ばす技術の地上実証実験を行い、長距離の無線送電を実現したと発表した。
今回、地上で、10キロワットの電力を500メートル先までマイクロ波を使って無線で送電し、ロスはあるものの受電に成功した。
宇宙空間の衛星上の太陽光パネルで得た電力を無線で地球へ送る宇宙太陽光発電システムへの適用を視野に入れる。

 また今回の技術は有線ケーブルの敷設しにくい洋上風力発電の送電などにも応用できるとみており、同社ではまずこうした地上での
送電活用について実用化にめどをつけたい考え。

 今回、送電側の装置には、電子レンジなどで電波を作り出すために用いる安価の発振器を採用するなど、既存技術も活用するなどで
低コスト化を図った。また、強力なマイクロ波は人体や環境に影響があるとされているが、今回、マイクロ波を狙ったところに
ピンポイントで送れるよう制御できる「ビーム方向制御技術」を開発するなど、高精度化も実現した。

http://www.sankei.com/economy/news/150312/ecn1503120037-n1.html



凄いですよね~(^^)

こういう記事が最近の日経平均を爆アゲさせている要因なのですよ(喜)


しかし本音のところはこれだと僕は思いますけど





なるほど、衛星からピンポイントで地上を攻撃で

きる兵器もこう言えばいいわけだ...


ハヤブサ2に備わっている隕石にクレーターを作る

技術は敵国を宇宙から攻撃するためのもの。



宇宙を漂うデブリを大気圏に引きずり込んで破壊

する技術は的軍事衛星を破壊するためのもの。




・・・・(笑)

[PR]
by kingboy4649 | 2015-03-15 16:38 | 日本の誇り!


<< 韓国と「価値共有」、明言避ける... 【速報】韓国政府が米国大使襲撃... >>