韓国と「価値共有」、明言避ける 政府答弁書を閣議決定

韓国と「価値共有」、明言避ける 政府答弁書を閣議決定


安倍内閣は13日、韓国について「我が国と共に米国の同盟国であり、民主主義及び市場経済を採用している国」とする答弁書を閣議決定した。質問は
「自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有すると認識しているか」だったが、「価値共有」について明言を避けた。

 民主党の鈴木貴子衆院議員の質問主意書に答えた。外務省の担当者は「現状をありのまま記した」と話すが、安倍晋三首相の施政方針演説や外務省ホーム
ページ(HP)では韓国について「基本的価値を共有する」といった表現をなくしており、韓国に対する意識の変化が反映された可能性がある。

 施政方針演説やHPで「価値共有」の表現がなくなったことについて、日本政府関係者は「韓国社会への不信が背景にある」と話す。朴槿恵(パククネ)
大統領の名誉を傷つけたとして産経新聞前ソウル支局長が在宅起訴された件などが影響しているとみられる。

http://www.asahi.com/articles/ASH3F52RKH3FUTFK00M.html


イメージ 1


別に驚くことでは無い

我が国が正常になりつつあるだけだ

[PR]
by kingboy4649 | 2015-03-15 17:35 | 反日撃滅!


<< IOC会長:「五輪準備進み満足... 宇宙で発電、地上に送電…狙った... >>