安倍総理「自民党はこの2年で日本人の気持ちを『諦め』から『希望』に変えた」

安倍総理「自民党はこの2年で日本人の気持ちを『諦め』から『希望』に変えた」



 安倍晋三首相(自民党総裁)は8日午前、都内のホテルで開かれた自民党大会で自らの経済政策「アベノミクス」が成果を上げていると
これまでの政権運営をアピールし、「国民の負託に応え、選挙を通じて約束したことは必ず実行することを約束したい」と挨拶した。

 農協改革については「農業は国の基で、農政改革は待ったなしだ。地域の農協が創意工夫を生かし、独自産業化を進め、農業を変えて
いく」と強調。

 安全保障法制の整備をめぐっては「自民党は平和な暮らしを守る大きな責任があり、切れ目のない安全保障を進める。戦争に巻き
込まれるとか徴兵制が始まるとの無責任は批判にはたじろがず、やるべきことはき然とやり遂げてきた。これからも積極的平和主義の旗を
掲げ、日本の領土、領空、領海は断固として守り抜く」と訴えた。

 地方創生や東日本大震災からの復興の加速化を進めることも約束し、最後に「自民党はこの2年で日本人の気持ちを『諦め』から『希望』に
変え、2020年の東京五輪という目標を持つ日本に変えることができた」と力説。「統一地方選に勝ち抜き、たそがれから新しい夜明けを
迎えた日本を確かなものにしていこう」と力強く訴え、万雷の拍手を受けた。

http://www.sankei.com/politics/news/150308/plt1503080009-n1.html




確かに安倍さんは素晴らしい(^^)

しかし奢った思いはいけない。

謙虚さも忘れずに、景気回復へと進めて欲しい

その謙虚さが日本の技術が世界一だと言うことをより

引き立たせるのだと思う。


[PR]
by kingboy4649 | 2015-03-14 10:20 | サムシンググレート


<< 【緊急拡散】韓国パククネが在日... 韓国高速鉄道で地盤沈下が発生…... >>