和食の人気に力づけられて、共に日本の農水産物の輸出も最高値

和食の人気に力づけられて、共に日本の農水産物の輸出も最高値



福島原発事故後に放射能汚染の懸念のため直撃弾を受けた日本の農産物が史上最高の輸出額を記録しました。

どのような理由でしょうか?

 東京からイ・ドンエ特派員が覗いてみました。

?レポート?

東京銀座の寿司専門店。

昼食の時間前なのに長い列ができています。

日本の食文化、いわゆる和食が世界文化遺産に選定された後、日本食は外国人にとって不慣れな食べ物ではなくなっています。


?スウェーデンの観光客?
「寿司は有名です。スウェーデンにもあります。」

このような関心に加えて、過去3年間持続した円安のおかげで、昨年、日本の農食品輸出が初めて6000億円を超えました。


和牛として広く知られている牛肉の輸出が40%以上増えて、メロン、イチゴなどの農産物、お菓子の輸出も30%以上増加しました。



日本政府は、農産物の輸出をさらに引き上げるため、農産物の価値を高める新たな制度も導入しました。


野菜や果物に含まれている成分を活用して、血がきれいになるタマネギ、骨が丈夫になるみかんなど、まるで健康補助食品のように広報することができるように
するというのです。


?ゴトウ組合長/みかん農業協同組合?
「販売量が増えて、また、生産された農産物が健康に役立つことができて(うれしい)」

日本政府は農産物の輸出規模を5年以内に二倍に増やすという目標で、オーストラリア、欧州連合などの外国の農産物の輸入規制も一つ二つ解いていっています。

東京からMBCニュースのイ・ドンエでした。
http://oboega-01.blog.jp/archives/1021353072.html
 






[PR]
by kingboy4649 | 2015-03-09 07:13 | 日本の誇り!


<< 【緊急事態】在米韓国人が本当に... 朴大統領がUAE入港中の韓国海... >>