中国から撤退できない日本企業!危険!チャイナとコリアの魔の手は日常生活にも忍び寄る!


テーマ:


そもそも反日国家と商売しようと思うほうが甘いんじゃないの?


 私たちは「中国人や韓国人は反日民族だ」という認識を持つべきです!


 なでしこりんです。「目利き」という言葉がありますが、目利きという言葉には、書画骨董の価値だけではなく、「人間性を見分ける力」も含まれています。今日のニュースから見えてくるものは何? 


    


 中国拠点の撤退を決めた日本企業が、現地従業員への対応に頭を悩ませている。解雇を巡り、従業員とトラブルになったケースも出た。かつて「世界の工場」と言われた中国だが、人件費が急騰しており、進出した製造業は他の新興国に生産拠点を移しつつある。ただ、従業員の解雇などを伴う撤退は「進出時以上に多大な労力がかかる」(日本企業幹部)のが実態だ。(毎日新聞)http://news.yahoo.co.jp/pickup/6151414

  
   


 このブログでは、「日本を憎悪する教育=反日教育」が行なわれている国家や民族の危険性について警鐘を鳴らしてきましたが、残念ながら日本人の中にはまだまだ、中国や韓国の危険性についての認識が足りないように思えて仕方ありません。でも、もうそろそろ「チャイナ(中国)」や「コリア(韓国北朝鮮)」のリスク(危険性)についての認識を持ってほしいです。

  
   
   
    中国で労働者に監禁された米人社長


 どうやら上の記事は「中国という底なし沼」にはまった日本企業のことのようですね。中国共産党の幹部がなぜ何千億円もの不正蓄財ができるのかと言えば、それはもちろん、許認可の権限に基づく収賄行為が国家規模で行われているかであり、中国に進出している日本企業はすべからく、行政の長=党幹部に「ワイロ」を払っているわけです。いわば日本企業は「金つる」ですから、日本企業が「中国から撤退します」なんてことを簡単に許すはずがありません。中国の職員労組は全部が中国共産党の支部ですから、「外国人社長の監禁」なんかも全て「党の指示」なんでしょう。みんなグルなんですよ!

  
   
    日本経済新聞の犯罪


 それにしても、数年前に行われた、日本経済新聞やテレビ東京による「中国に進出しよう!乗り遅れるな!」というキャンペーンはひどかったですね! 大手企業ならともかく、町工場のような小さな企業まで、あおられて中国に出かけたものの、「往きはよいよい帰りは怖い」になっているのが現状でしょう。日本経済新聞やテレビ東京は、「中国への進出は自己責任」と言うでしょうが、「チャイナリスク」を隠した報道の責任は問われるべきだと思います。

  
   


 チャイナリスクやコリアリスクに関しては何も日本企業の海外進出にだけあるのではありません。日本国内にも中国人や韓国人との付き合いにリスク(危険性)が常にあることを認識すべきです。中国人や韓国人からすれば「日本人をだまして奪う」ことは屁でもないのです。彼らはそういう反日教育を受けているのですから! 日本人は日本人的お人好し道徳観から逃れられませんが、チャイナリスクやコリアリスクのことは常に忘れないようにしたいですね! By なでしこりん


  「スヒョン文書」に見る在日韓国朝鮮人の日本乗っ取り計画








警告!支那進出企業


もう支那に出ている企業は最低でも家族だけは日本に引き揚げてお

くべきですよ。本人だけなら最悪の場合でも諦めがつくでしょう。

これが安易に儲かるというだけで支那に進出した企業の運命になる

でしょう。所謂カントリーリスクに疎かった企業の自己責任。

支那朝鮮人には


「関わらず、助けず、教えず」


が日本の国是です。

[PR]
by kingboy4649 | 2015-03-03 10:38 | くたばれ糞シナ!


<< 朝・毎・東の反日3バカトリオ... 【韓国の反応】韓国人が過酷な韓... >>