道路陥没「東京の100倍」のソウル市「日本様、お願いだから技術を教えてください!」

道路陥没「東京の100倍」のソウル市「日本様、お願いだから技術を教えてください!」


「日本は教えてくれぬ」道路陥没「東京の100倍」で東京の技術力にすがる韓国ソウル市長の“必死”

6日までの日程でソウル市の朴元淳市長が日本を訪れたのに合わせ、東京都は2日、ソウル市と
「道路陥没対応業務、技術的協力に関する行政合意書」を締結した。双方が都市の安全に向けて、
お互いに技術を供与するという内容だ。道路陥没が社会問題となっているソウル市に、東京都が救いの手をさしのべた形だが、日本の道路点検・補修技術は韓国に比べ20年以上進んでいるとされる。
相互協力とは名ばかりの“一方通行”の支援となりかねない。

ソウルの陥没、都道の100倍超

「地下調査はどこがやっているのか?」「事業者の選定は?」
東京都文京区の地下鉄春日駅前に近い道路を視察した朴市長は、同行した都の幹部に次々質問した。
この道路は昨年、直径約2メートル、深さ40センチにわたって路面が陥没した現場だ。人や車両への被害はなく、まもなく復旧した都の対応は、今回、訪日した朴市長にとって最大の関心事だった。
近年、ソウル市では下水道の老朽化などが原因とされる道路陥没が毎年約30%のペースで増加。2010年に 435件だったが13年は854件に、14年は1~7月で568件と被害は拡大しつつある。
昨年8月にはソウル市の教大駅付近で、深さ約1メートルの陥没に走行中の乗用車が落ち込む事故もあった。
道路陥没に伴う交通事故は、過去10年で2000件超に上ったとのデータもあり、大きな社会問題となっている。


社説で「日本は教えてくれない」


ソウル市は市販の地中レーダーなどを用いて地下調査に乗り出したが、技術やノウハウの不足により、
めだった成果はあがっていない。やむなく昨秋、ソウル市は道路の地下空洞調査で高い技術を持つ東京の調査会社、ジオ・サーチに協力を要請した。
昨年12月に同社が主要地下鉄駅付近の道路約60キロメートルを無償調査したところ、わずか4日間の調査で未発見の地下空洞が41カ所発見された。うち18カ所は地表から30センチ以内の崩落リスクが高い空洞だったという。
ジオ・サーチは空洞の分布や、補修の優先順位などを地図に示した報告書を提出した。これに対し、朝鮮日報は1月2日の社説で「韓国にはそうした作業の設備も技術もない」と自国を批判しつつも、

「(日本企業は)正確な大きさや危険性の分析技術については秘密

だという理由で教えてくれなかった」



“恨み節”をのぞかせた。


いかに地下調査の技術を必要としているかの証左だ。
http://www.sankei.com/premium/news/150212/prm1502120001-n1.html





教えない

助けない

関わらない



>「(日本企業は)正確な大きさや危険性の分析技術については秘密だという理由で教えてくれなかった」…

民間企業なんだから、自社技術の秘密保持は当たり前。
技術だけパクッて、自分たちでやろうとするから摩擦が起こる。
この『ジオ・サーチ』って企業に、正規の料金を払って全面的に依頼すればいいだけの話。





[PR]
by kingboy4649 | 2015-02-12 23:47 | くたばれバ韓国!


<< 岸田外相が「竹島は日本固有の領... 舛添要一が「韓国は兄弟説」を披... >>