ギリシャ、戦争賠償22兆円請求 ドイツ「解決済み」と拒否

ギリシャ、戦争賠償22兆円請求 ドイツ「解決済み」と拒否



◇コジアス外相 ベルリン訪れ、ドイツ政府に方針伝達
ギリシャのチプラス新政権が10日、第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるギリシャ占領で
被った損害の賠償を請求する方針をドイツに伝達し、内外に波紋を広げている。

最大のギリシャ支援国であるドイツは「問題は解決済み」と拒否しており、ギリシャの財政緊縮策の
是非を巡る両国の対立に歴史問題が加わった格好だ。「欧州統合の精神に反する」とギリシャ
新政権の対応を批判する声も出ている。

ナチスは第二次大戦中の1941~44年、ギリシャ本土を占領した。当時、ギリシャに強要された
ナチス向け戦時融資の返済分や占領による損害の賠償を含め、
チプラス政権はドイツに対して
1620億ユーロ(約22兆円)を請求する権利があると主張している。コジアス外相が10日、
ベルリンを訪れ、ドイツ政府に方針を伝えた。

チプラス首相は8日の議会演説で請求理由について「ギリシャ国民と歴史、そして、ナチズムと戦い、
血を流した全欧州人への道義的な義務がある」と述べた。

パラスケボプロス法相も9日、44年のナチス親衛隊によるギリシャ中部ディストモ村での虐殺の
生き残りと遺族への補償金支払いをドイツに命じた判決を執行する書類に署名すると表明した。

一方、ドイツは旧西独時代の60年、ナチス時代の不法行為に対する補償としてギリシャに
1億1500万マルク(当時のレートで約97億7500万円)を支払う協定を結んだ。

また、90年のドイツ統一時に東西ドイツが旧連合国の米英仏ソと調印した条約で「請求権問題は
解決済み」との立場を崩していない。

このため、ガブリエル独副首相は9日、ギリシャの要求を「根拠がない」と拒否。与党のキリスト教
民主・社会同盟で予算政策を担当するバルトレ連邦議会議員も独紙で「外国からカネを出させる
という(チプラス首相の)選挙公約自体がおかしい」と反論した。

チプラス首相は緊縮策を拒否する理由について「尊厳を取り戻す」ためと説明しており、賠償請求も
その延長線上にある。
だが、欧州議会の中道会派「欧州自由民主同盟」のフェルホフスタット代表は
「賠償請求でチプラス首相は欧州統合の土台を損なっている。戦後、かつての敵同士が協力して
共通の未来を築くという選択をしたことを忘れているのではないか」と苦言を呈した。


ギリシャのチプラス首相
BN-GW389_0209eu_G_20150209122739

毎日新聞・2月11日(水)20時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150211-00000057-mai-int


コリアン困惑www
戦後保障は解決済みwww


[PR]
by kingboy4649 | 2015-02-12 20:57 | なんじゃこりゃ(^^)


<< どさくさ紛れに『戦勝国を自称し... 【東京】「天皇制反対」デモ中、... >>