【イスラム国】後藤健二氏の母「反原発、憲法9条、私の父は朝鮮馬山(マサン)の軍人、地球のために頑張ります」外国人記者「オーマイガー」(動画)

【イスラム国】後藤健二氏の母「反原発、憲法9条、私の父は朝鮮馬山(マサン)の軍人、地球のために頑張ります」外国人記者「オーマイガー」(動画)



唐突に原子力の問題を訴える
会見では、石堂さんは終始独自の主張を披露した。後藤さんの拘束問題とどのように
関係するかは不明だが、
「私は不思議でならないことがある」として挙げたのが原子力の
話題で、原子力を平和的に活用すべきだと訴えた。


また、石堂さんは「イスラム国」と「イスラム諸国」を同じだと理解している様子で、イスラム関係の
子どもを招待したい考えだ。
「もし、イスラムのお子さんが日本で勉強したいとか、そのような方がいらっしゃったら、
私が全力をもってお守りする。私のうちで、しっかりお勉強していただくことをお約束する」


石堂さんによると、日本政府からは特段の連絡はないといい、「地球のために力をあわせて
頑張ります!」
と言い残して会見場を後にした。

会見を主催した日本特派員協会の神保哲生さんによると、動画がアップロードされた1月20日に
石堂さん側から
「『息子を救ってほしい』と世界に伝えたい」などとして会見の申し入れがあった。

会見の直前になって、後藤さんの兄を名乗る人物から会見を中止するように特派員協会に
電話があったが、
すでに特派員協会に到着していた石堂さんが電話に出て、電話を切ったという。

http://www.j-cast.com/2015/01/23225989.html?p=2

後藤健二氏の母・石堂順子氏が会見:解放を求め”反原発”についても発言
また石堂氏は、会見の中で原子力についても発言。石堂氏は「私は不思議でならないことが
ございます」と述べた上で、
「自分たちの地球を、自分たちの手で壊すということです。原子力、
原子爆弾、そういったものを研究して、私どもが感謝しなければいけない地球を壊していく」ことを批判。


その上で、原子力について「地球を駄目にする、お水も駄目にする、すべてを駄目にする。
それを一時の感情でどんぱちやるということ、それをぜひ阻止しなければいけない、
そのように思います」と発言した。

001

http://newclassic.jp/19068




【まとめ】
■想定していた内容
・我が子を殺さないでください
・日本政府は動いてください

■実際の内容
・息子の子供が2週間前に生まれたようだ
・憲法9条
・反原発
・朝鮮
・イスラムの子供を家に泊めたい
・地球のために頑張ります
・退場する時のマジ基地スマイル
・台本見ながら→息子を助けて欲しい
次の瞬間台本見ないで→地球平和の為~ 教育が得意で~






こういう事件は大体朝鮮がらみ


へどが出るわ(^^;


[PR]
by kingboy4649 | 2015-01-23 20:27 | 反日撃滅!


<< 韓国で行方不明になった日本人留... 【辺野古移設】海上保安庁、反対... >>