大韓航空パロディ版「ナッツ航空」“広告”動画大ウケに見え隠れする韓国「貧富二極化」の怨念

大韓航空パロディ版「ナッツ航空」“広告”動画大ウケに見え隠れする韓国「貧富二極化」の怨念


 大韓航空機に乗った同社の趙顕娥(チョ・ヒョナ)副社長が乗務員のナッツの出し方が間違っていると激怒、 客室サービスの責任者を降ろして離陸を遅らせた、いわゆる“ナッツ・リターン事件”はネットユーザーにとって、 ちゃかしどころ満載だ。さっそく大韓航空のパロディー版「ナッツ航空(Peanut Airlines)」の “広告”動画が作られ、“事件”発生から数日後の12月9日に共有サイト「ユーチューブ」に公開された。視聴者 の間では「よくできている」「思わず爆笑」と話題になり、再生回数(12月24日現在)は約120万回を超える。

 “広告”動画は一瞬見たところ、まるで本物の大韓航空の広告動画かと見間違えるほどの手の込んだ、でき映えだ。
ナッツ航空の機体の垂直尾翼のシンボルマークは、韓国国旗や大韓航空機のシンボルマークにも描かれている「太極」 をモチーフにしているが、よく見るとピーナツの形が描かれている。趙副社長が激怒したのはマカデミアナッツの 機内サービスだったが、ナッツ航空の“広告”動画にはピーナツが登場している。

 “広告”動画ではナッツ航空の機内アナウンスが流れるが、まるで本物の客室乗務員のような口調だ。その真に迫った 話しぶりと、ナッツ・リターン事件をちゃかしたアナウンスの内容に、大韓航空に乗ったことがある人なら思わず吹き出すことだろう。


http://www.sankei.com/premium/news/141225/prm1412250004-n1.html





ど~でもええわい(大笑)

[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-25 07:45 | 反日撃滅!


<< 共産党の初当選した人 祝!第3次安倍内閣発足!! 防... >>