お遍路ハングルステッカー事件の崔象喜さん「韓国は嫌いでも私のことは嫌いにならないで」

お遍路ハングルステッカー事件の崔象喜さん「韓国は嫌いでも私のことは嫌いにならないで」



四国八十八カ所霊場を巡るお遍路さんに気さくに話しかけ、周囲によく人の輪ができている。

「韓国は嫌い」と言われることもあるが、「私のことは嫌いにならないで」。冗談でこう
切り返す日本語は、5巡した歩き遍路で覚えた。

ソウルで日本人向け民宿を営み、遍路文化を紹介する交流サイトを主宰している。事故死した
父親の供養にと4年前、ネットで知った四国へ。遍路をもてなす「お接待」に元気をもらった。
翌年は結婚式前の減量を兼ねて歩いた。気づけば毎年遍路に来るようになったが、つらい風にも
あたった。

韓国人への道案内にと、2年前からハングルを記したシールを電柱などに貼っていたことが
「条例違反」とネットで批判された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141219-00000013-asahik-soci




何が好きで何が嫌いかは

自分で決めますので


ほっといてね

めんどくさいから


[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-24 16:34 | 反日撃滅!


<< 産経前支局長の車包囲した約10... 号外!西東京市で次世代市議当選... >>