安倍首相は信任されていないとTBS「サンモニ」

安倍首相は信任されていないとTBS「サンモニ」

1


アベノミクスやらないというのが立派な代案?

 総選挙が終わって一週間も経ってから、TBS「サンモニ」があれこれ言っても全く新鮮味が無い。
しかも予想通り、沖縄では基地に反対する候補者が全員当選して自民党は全敗だったと嬉しそう。

 それに対し、安倍首相は閣議決定した集団的自衛権の行使容認を含む安保関連の法整備を進めるという。
そんな安倍首相はいかにも悪者に見える。

 冒頭、司会の関口宏は安倍首相という鷹が爪を現わしたと物騒な言い方で安倍首相=ナチのような危険な右翼というレッテル張り。

 田中秀征コメンテーターは低投票率ゆえの選挙の無効を訴える。
ならばさらに620億円使って、もう一度選挙をやり直すのか?

 若手評論家の萩上チキ氏は低投票率はメデイアとリベラルの責任だと爆弾発言
政府のお達しで「サンモニ」も初めて異端児を受け入れたのか?

TBS「サンデーモーニング」(2014/12/21)
戦後最低の投票率
自公圧勝の衆院選


123456サンモニ1221-1

関口宏(司会)
「なにか、まあ、そりゃあ与党が勝ったんですが、鷹が爪を現わし始めた、そんな感じが僕はしちゃうんですが、秀征さん何か御意見は?」

123456サンモニ1221-2

田中秀征(福山大学客員教授)
「だから・・・なんて言うのかねえ・・・有権者の半分が投票して、その半分を自民党が取ったんですよね。得票率で48%ていうんで、そうすると有権者の4分の1が支持した・・・」

関口
「まあ、そういう事になります」

田中
「4脚ある机が1脚で支えられてることになるんですよね」

関口
「はあ、はあ、はあ」

田中
「これはねえ、政治的に成り立たないですね」

関口
「えへ?」

田中
「絶対君主の政治でも皇帝の政治でも4分の1の支持ではねえ、僕は成り立たないと思うんですよ」

関口
「うー」

田中
「だから、そこをキチッと考えてやらなかったら、とんでもないことになると」

関口
「うー」

田中
「4人に1人が積極支持なんだということね。忘れないでやってもらいたい」

関口
「うー」

田中
「ですよね」

関口
「うー」

田中
「で、どうしてこういう結果になったかというと、大きなこと二つ言うと、一つは野党のだらしなさですね。もう一つは自民党政権、安倍政権が、自公政権が、重要課題を先送りしたからですよ。で、この二つがこういう結果をもたらしたんだという風に思うんで、その問題をね、信任されたと思ったら、僕は間違いだと思うんで、えー、やっぱり今迄の軌道修正を真剣に考えてもらいたいですね。アベノミクスを始めとして。そうじゃなかったら、これ、選挙をきちっと分析しないと政権にとってもね、命取りになりかねない」

関口
「うー」

田中
「すべてを信任されたということではない」

関口
「うー」

田中
「先送りして問題がボケた。ボケたですね。そう思いますよ」


 ボケたのはお前だろうと言いたくなる。
アベノミクスをどう軌道修正せよというならどう修正すべきか言ってもらいたい。
「先送りした」というのは増税の事か?

何か二人のやり取りを見いると、盛り上がらない掛け合い相漫のようだ。

関口
「なんか、流れはねえ、なんか一気に行きそうな、そんな雰囲気にありますが、大宅さんどう見てます?」


大宅氏は選挙に行かなくては民主主義は成り立たないと力説。

123456サンモニ1221-3

 萩上チキ氏(1981年生まれ、評論家)は野党が経済政策について効果的な代案を出さなかった。低投票率はメディアと日本のリベラルの責任だと言及。
メディアは争点が無いと言うのではなくて、これが争点だとテレビで連日浮き彫りにする事が出来たのに今回やらなかったのはメディアの怠慢だ。リベラルの言う「低投票率」は捨て台詞に聞こえると痛烈に批判。
田中秀征氏がそれを聞きながら仏頂面をしている。

関口は話をすり替えようとして・・・

関口
「いまも、メディアの責任も突かれたんだけど、何か、突然キャンセル事件が起こったんでしょ?」


萩上氏は、自民党から文書が出回った影響かどうか分からない。朝ナマとしてはやりかったが局側が自粛したという。

関口
「何だろう岸井さん。やっぱりちょっと安全策を取ったのかなあ」

123456サンモニ1221-4

岸井成格
「そうですね。そんな雰囲気がちょっとありましたね。だから私も出来るだけアベノミクス以外の争点をクローズアップしようと色々やったけど(言い訳するな)全体にやっぱり関心が非常に薄かったですね。それが低投票率に繫がっちゃった。その裏にはメデイアの努力不足というのがあったと言えるかも(「かも」を強調する)しれませんね。

 いずれにしろ安倍さんとしては『今の内解散』という、野党が弱い時にやっちゃうというねえ、この狙いが当って長期政権の足場を築いたという事になるけど、先ほど総理が言ってましたけど、集団的自衛権が信任されたような、原発再稼働とか、あるいは沖縄の辺野古の移設の問題とか、そういう争点は信任されたってのはやっぱり早いですよね。そういう受け取り方はね。
私はやっぱり信任されてないと思う。これからだと思う」


1234サンモニ1221-5

田中氏ここで憤然として・・・

田中
「『代案を出せ』と言うと野党は黙っちゃうけど、アベノミクスを止めるというのは立派な代案なんだけどね。集団的自衛権はやらないということは立派な代案なんだ!代案出してんだ野党は!」


 アベノミクスに代る経済政策を代案と言うのである。
集団的自衛権を行使しないでどうやって国の安全を守るのかという政策を示すのが代案というのである。






こいつら最後の自虐世代だな

(大笑)

今年は大勢の昭和の大物が亡くなったが

次はこの人たちのような気がしま

す(^^)


時代は積み重なる。


そして変化する


[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-23 10:25 | 超むかつく!


<< 日本企業は中国から日本に回帰せよ 安倍語録(^^)日本の誇り! >>