まだ売国が止められない紅の傭兵



まだ売国が止められない紅の傭兵




河野談話で先人と、今を生きる日本人と、次世代の日本人を貶め、苦しめる河野洋平氏はまだ懲りもせずウロチョロと中国で売国行為を止めようとしない。

来年は戦後70年の節目だから、日本は反省しろと言われて反論も出来ない売国奴。

河野洋平と会った中国のNO4は「戦争の責任は少数の軍国主義者にあり、(日本)人民にはない」と捏造の北京事件の式典で習近平国家主席がやった演説を引用して河野氏を諭したとか。
日中国交正常化の時に周恩来が田中角栄に言った言葉と同じだ。

 マッカーサーが日本にやってきて、「悪いのは日本の軍隊で、国民に責任はない」と言って安心させ日本人を骨抜きにしたのと同じ手口である。
それを「前向きなメッセージ」だとする時事通信社は中国の手先か。

 そんな言葉に騙されるようではどうしようもない。
当時、日本人は日本軍と共に戦ったし、勝てなかったのは日本人全体の責任だ。
次に戦争するとしたら負けないように戰爭することだ。

 11月の日中首脳会談も安倍首相はあくまで受け身で、中国の要求する「靖国神社参拝の中止」と「尖閣諸島の領土問題認識」の2点は絶対に譲るなと関係者に指示した。

APECのホスト国が招待国の首脳と会談しないわけにはいかなかった習近平の顔を立てて玉虫色の4項目を合意しただけの話だ。

中韓の反日活動がピークに達する来年こそ、日本は官民心を合わせて反撃体制を取らなければならない。
さもなくば、先人と次世代の若者たちに顔が立たない。

時事通信(2014/12/19)
「来年、歴史問題を注視」=中国序列4位、河野氏と会談


【北京時事】中国共産党序列4位の兪正声・全国政治協商会議(政協)主席は19日、北京訪問中の河野洋平元衆院議長と会談した。兪氏は「来年は、日本が歴史問題でどういう態度を取るか、中国人民は注視している」と述べ、来年の抗日戦争勝利70年を控え、安倍晋三首相に歴史認識問題で前向きな対応を求めた。
 兪氏はまた、習近平国家主席が13日に南京事件を記念する「国家哀悼日」式典で行った演説が「中国の歴史問題への取り組みを示している」と指摘。演説の中の


「戦争の任は少数の軍国主義者にあり、(日本)人民にはない」


などの部分を引用し、日本側に前向きなメッセージを送った。

 
 

さらに「中国の対日政策は(中日関係が)うまくいく時もうまくいかない時も変化はない」とした上で「目にしたくない事件は避けるべきだ」と強調。11月の日中首脳会談に合


わせて両政府が合意した4項目の合意を守ることが重要との認識を示した。(2014/12/19-21:24)



c0327328_11280313.jpg


売春婦が何か??


[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-21 20:53 | なんじゃこりゃ(^^)


<< フナッシーの船橋市、5年前の慰... イギリス人女性困惑!韓国で微... >>