世田谷一家殺害 犯人「翌朝逃走」説覆る可能性  パソコン誤作動が判明

世田谷一家殺害 犯人「翌朝逃走」説覆る可能性 


パソコン誤作動が判明



東京都世田谷区で平成12年12月、会社員の宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件で、
事件発生翌朝の可能性があるとみられてきた犯人の逃走時間帯について、警視庁成城署捜査本部が
同未明の可能性があるとみて捜査していることが12日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査本部が宮沢さん宅のパソコンのインターネットへの接続履歴を再検証した結果、
犯人によるとみられていた翌朝の接続が誤作動だった可能性が浮かんだためで、
捜査本部は当時の目撃情報などを精査している。

捜査関係者によると、事件は12月30日午後11時半ごろに発生したとみられ、
隣の家に住んでいた妻、泰子さん=当時(41)=の母親(故人)が、31日午前10時過ぎに4人を発見した。
パソコンに31日午前1時20分ごろと同午前10時ごろの計2回接続履歴があったことから、
捜査本部はこれまで、犯人が犯行後、翌朝まで住宅にとどまって逃走したとみていた。

だが、2回目の接続は同じサイトから数分間移動しないまま切断されるなど不自然な点があり、
捜査本部が同じ機種を使って再検証した結果、このパソコンは数分間操作しなければ自動的に切断されることが判明。
発見時、マウスは机の下に落ちていたといい、泰子さんの母親が触れるなどして落下し、
その衝撃で接続された可能性があることが分かったという。
1回目の接続はマウスが2回操作されていることから、犯人によるものとみられる。

目撃情報をめぐっては、事件発生直後とみられる30日午後11時半すぎに
現場近くの路地から飛び出してきた不審な男が見かけられるなどしており、

捜査本部はこれまで得られている情報の洗い直しなどを進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000518-san-soci




犯人が韓国人だから捕まらんのだろ!


これ、世界中のチヨンをみなころしにしてたら発生してなかった

案件だってばさまが言ってた。


[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-12 13:33 | 超むかつく!


<< 【動画】民主党、特定秘密から『... これは次世代の党へのテロ?「国... >>