【韓国人犯罪】7億円、焼け跡から金ザクザク 工事業者の男盗んで豪遊 別れ話で発覚




韓国ソウルの火事で燃えた資産家の事務所の焼け跡から、工事業者の男(38)が大量の金の延べ板を見つけ、内縁の女とともに盗んで豪遊していたとして、韓国警察が9日までに男を逮捕した。
新しい愛人と一緒に金を持って姿を消した男を内縁の女が探す中で盗みが警察に発覚した。韓国メディアが伝えた。

 男は8月、焼け跡の整理中に、計約65億ウォン(約7億円)相当の約130枚の金の延べ板入りの箱を見つけた。
金は、事務所を所有する女性(84)の亡くなった資産家の夫のものとみられるが、女性は夫から存在を聞かされていなかったという。

 男は同僚の2人とともに、1人1枚ずつ持ち出し、残りは箱に戻した。しかしその夜、内縁の女とともに全部持ち去り、現金に換え外車などを購入していた。

 男に逃げられた内縁の女が、人捜し業者に見つけるよう依頼。金の話も伝えたため業者が警察に通報した。逮捕時に男が持っていた金の延べ板は40枚しかなかった。(共同)


http://www.sankei.com/world/news/141209/wor1412090034-n1.html



c0327328_12532853.jpg
c0327328_12534219.jpg

馬鹿丸出し(大笑)


[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-10 13:27 | なんじゃこりゃ(^^)


<< 【平昌五輪共催】 舛添都知事が... 韓国平昌五輪の一部負担は真っ平... >>