あの植村隆が今度はニューヨークタイムズで売国宣伝!

あの植村隆が今度はニューヨークタイムズで売国宣伝!


植村の辞書に「反省」の文字はないの?

NEW !
テーマ:



植村隆:「日本のネットユーザーは娘を自殺に追い込もうとしている」


 植村隆も朝日新聞もニューヨークタイムズもいい加減にしたほうがいいのでは?


 なでしこりんです。 私のブログ宛に時々「このことを記事にしてください」というご要望をいただくことがあります。しかしたいていの場合はご期待に沿えないことが多いです。できれば、「こんな記事を書いたけどリンクしてもらえないかな?」というご提案だとありがたいです。 でも今日の「読者の方からのご要望」には応えざるをえません。この記事は、私のみならず、愛国保守系のまとめサイトはもとより、草の根の保守の仲間の皆様にぜひ拡散していただきたいです。 これは「朝日新聞による日本人への攻撃」だからです。「プチン!」。 もう私の堪忍袋は切れました! 「ふざけんな、植村隆! つぶれろ、朝日新聞! 余計なことに口出すな、ニューヨークタイムズ!」

  

 
      


SAPPORO, Japan — Takashi Uemura was 33 when he wrote the article that would make his career. Then an investigative reporter for The Asahi Shimbun, Japan’s second-largest newspaper, he examined whether the Imperial Army had forced women to work in military brothels during World War II. His report, under the headline “Remembering Still Brings Tears,” was one of the first to tell the story of a former “comfort woman” from Korea.

.

 札幌日本  - 植村隆は、本来なら彼の功績になるはずだった記事を書いた時、彼33才だったその後、事件記者日本第2位の朝日新聞のために、大日本帝国の軍隊第二次世界大戦中に、軍の売春宿で働く女性強制したかどうかを調べた彼の報告の見出しにある「思い出すと今も涙」は、韓国の元慰安婦物語を伝える最初の一章であった。


Fast-forward a quarter century, and that article has made Mr. Uemura, now 56 and retired from journalism, a target of Japan’s political right. Tabloids brand him a traitor for disseminating “Korean lies” that they say were part of a smear campaign aimed at settling old scores with Japan. Threats of violence, Mr. Uemura says, have cost him one university teaching job and could soon rob him of a second. Ultranationalists have even gone after his children, posting Internet messages urging people to drive his teenage daughter to suicide.

.



 「関連記事」


 元朝日新聞記者の植村隆が北星学園大学にいた!教職員と学生の皆様は植村隆ボイコットを!


 勤労挺身隊員を慰安婦と捏造報道した植村隆の記者会見来た!植村は日本人全てに謝罪せよ!


 朝日の元記者・植村隆がギャク切れか? 自分は被害者!捏造などしていない!



[PR]
by kingboy4649 | 2014-12-04 11:21 | 超むかつく!


<< 次世代の党・比例東京ブロック名... 【韓国反日の実態】テキサス親父... >>