海保、「追い出し優先」から「積極摘発」に方針転換へ

海保、「追い出し優先」から「積極摘発」に方針転換へ



希少な「宝石サンゴ」の密漁問題で、海上保安庁は21日、小笠原諸島沖の領海(約22キロ)内 で違法操業したとして、中国人船長林本章容疑者(44)を外国人漁業規制法違反(領海内操業)
容疑で現行犯逮捕した。同諸島周辺での中国人船長の逮捕は10月以降8人目で、うち領海内での逮捕は10月5日以来2人目。

海保は領海内で摘発すると、密漁船を証拠品として本土まで引航する必要がある。その間、現場で警備にあたる巡視船が1隻不在になるが、警備にあたる巡視船が数隻程度だったため、摘発よりも
領海外への追い出しを優先していた。

しかし、同諸島周辺には50隻前後の中国漁船が居座っていることから、

海保は今後、領海内での摘発を

積極的に行うとしている。



http://www.yomiuri.co.jp/national/20141121-OYT1T50066.html?from=ytop_main6




それで良いと思う


一隻くらい沈めても良いと思うぞ!


見せしめに(^^)


[PR]
by kingboy4649 | 2014-11-21 16:16 | 超むかつく!


<< 【韓国】ソウルの物価が東京を超... 朝日新聞‐自民党支持率32%、 >>