日本の防衛産業“国際デビュー” パリで展示会

日本の防衛産業“国際デビュー” パリで展示会


 防衛装備品やセキュリティー製品を集めた世界最大規模の国際展示会「ユーロサトリ」が16日、パリで開幕した。
日本から三菱重工業など13社が参加し、今回初めて日本企業を集めたブースも設置された。政府が4月に防衛装備
移転三原則を閣議決定したことを受け、輸出や共同開発に向けた機運が高まっている。

 政府はこれまで、武器輸出三原則で実質的な全面禁輸方針を取っていた。このため、海外企業から商談があっても
輸出できる保証がなく、国内メーカーが国際展示会への参加を見送るケースも少なくなかった。

 新三原則は平和貢献や国際協力などの条件付きで輸出を認め、基準も明確化した。

 20日まで開かれるユーロサトリには、防衛省も参加し、官民一体で日本の技術や製品をアピール。
三菱重工が開発中の新型装甲車や日立製作所の地雷処理装置、NECの緊急時の無線システムなどを紹介する。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140616/erp14061621050004-n1.htm

東南アジア諸国へジャンジャン輸出して海上装備を厚くしないといけませんね(^-^)

[PR]
by kingboy4649 | 2014-06-17 07:53 | 日本の誇り!


<< 輸出禁止で真っ青になった中国 中居正広が日韓関係について発言... >>