「左傾病」は死に至る病となる…戦後日本を覆う「脱国家」「反国家」思潮、反EU躍進に現実を知れ

「左傾病」は死に至る病となる…戦後日本を覆う「脱国家」「反国家」思潮、反EU躍進に現実を知れ


 国家を超える、とか、世界市民、地球市民などといった物言いがよくなされる。
特に日本では左傾した人士が口にする。しかし欧州連合(EU)議会選でEUに反対する勢力が
躍進したことは、この脱国家的な発想が現実的ではないこと語っている。
ことに、安全保障への現実的な志向があるヨーロッパと違い、空想的平和に毒された戦後日本で
このような非現実的な理念がもてはやされることは、大変に危うい。

■日本を貶めた民主党政権

 たとえばである。「東アジア共同体」を唱えた鳩山由紀夫元首相は、EUびいきだった。
平成21(2009)年、シンガポールで行った演説でEUが「私の構想の原型」と述べている。
そもそも、鳩山氏が連呼した「友愛」は、汎ヨーロッパ主義を唱えEUの父の1人とされる
クーデンホフ・カレルギーの概念であり、鳩山氏はカレルギーへの共感を、総理就任直前に発表
した「私の政治哲学」(「Voice」平成21年9月号)という論文でとうとうと述べている。
世界市民とはいっていないが、脱国家思考の1つといってよい。

 だが鳩山氏の宇宙人的な政治哲学とやらが、わが国の国益をどれほど損ねたか。
私たちは痛いほど知っている。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で「最低でも県外」
などとあおって迷走させ、日米関係を毀損(きそん)させた。首相の座を去ってからも、昨年は
いわゆる「南京大虐殺記念館」を訪問し、「日本は鳩山氏のような態度を取れ」と中国メディアを
喜ばせた。また「(日本が尖閣を)盗んだと思われても仕方がない」などとも発言した。
中国を利するようなことばかりやっているのだ。

 ちなみに、続く菅直人政権下で自衛隊を「暴力装置」と呼んだ仙谷由人元官房長官の政治理念は、
まさしく「地球市民」だった。尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に衝突してきた中国漁船船長を
釈放するなど、悪夢のような国家主権の軽視が菅-仙谷ラインでなされたのだった。


 特定秘密保護法や集団的自衛権行使の議論などで見られる過激な拒絶反応は、追い詰められた
左傾病の最後のあがきと思っておきたい。そうでなければ、左傾病はこの国を死に至らしめる病
となる。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140607/waf14060707000001-n1.htm

日本赤軍三羽ガラス!

[PR]
by kingboy4649 | 2014-06-07 12:34 | 頭の悪い『左巻き』馬鹿だね~(^^;


<< 危険・反日国家に子供行かせるな... 米豪軍乗せた日本海自艦、ベトナ... >>